メタボリック対策に役立つカプサイシンが配合されたサプリメント

Reading Time: 0 minute

カプサイシンがメタボに効く?

カプサイシンは、代謝を促し、脂肪燃焼を促進する効果があることが広く認識されています。
内臓型肥満体型であることがメタボリックシンドロームの前提なので、メタボ対策には内臓脂肪を消費する必要があります。
カプサイシンは、メタボリックシンドローム対策だけでなく、ダイエットの効率を高めるために、飲んでいる人もいます。
脂肪燃焼を助けるのはカプサイシンは唐辛子由来の成分で、サプリメント商品としても大変人気があります。

メタボは生活習慣病を招く

メタボリックシンドロームは、生活習慣病の原因になりますので、解消をはかることが重要です。
ダイエットは、メタボリックシンドロームを解消するために、真っ先に始めたいことです。
ダイエットにいいことを実際に行い、体脂肪の燃焼を活発にすることで、メタボリックシンドローム解消をはかることができます。

メタボに効くダイエットは?

ダイエットは身体を動かすことが重要ですが、運動不足が続いている人からすれば、今さらの運動は大変です。
ちょっとした有酸素運動をするだけでも、続けることで、体内の脂肪を取り除くことが可能です。
散歩を開始して20分をほど経過すると体内の脂肪の分解が始まり、分解された脂肪は血流に乗って身体を巡り、やがて筋肉に吸収されます。

カプサイシンと運動を合わせて改善

身体を積極的に動かすことで血液の流れがよくなり、血液か運搬するエネギーが筋肉に届いて燃焼します。
内臓脂肪の燃焼を盛んにするために、カプサイシンのサプリメントを使ったり、運動量を増やすことで、メタボリックシンドローム改善が可能です。

メタボリックシンドロームを改善させる成分と筋肉サプリメントについて

Reading Time: 1 minute

メタボリックシンドロームとは?

成人男性でウェスト85cm以上、成人女性でウェスト90cm以上であるとメタボリックシンドロームの可能性があります。
メタボリックシンドロームかどうかは、血圧、血中脂質、血糖値の3項目中2項目以上が一定の数字を越えているかで判断します。

メタボリックシンドロームと診断されたら?

もしも、健康診断等を受けた時にメタボリックシンドロームだと診断されたなら、生活習慣や食事内容の改善に着手しましょう。
その時に、身体に不足している栄養素が見つかったら、サプリメントを使うという手段があります。

生活習慣病として知られている高血圧、高血糖、血中脂質の増加は、メタボリックシンドロームだと診断された人は、透くにリスクが高いと言われています。
心筋梗塞や、脳梗塞といった、命を脅かす動脈硬化トラブルは、生活習慣病の改善をせずに、長年放置していたツケともいえます。

メタボリックシンドロームと筋肉トレーニング

メタボリックシンドロームの改善方法は、ダイエットとよく似ており、カロリー制限と有酸素運動、筋力トレーニングに効果が期待できます。
炭水化物を少なくして糖質の摂取を制限しつつ、脂質を摂り過ぎないようにしてたんぱく質を確保し、カロリー量を調整しながら献立を決めます。

筋肉サプリメントで必要な栄養分と代謝を上げる成分を

筋肉サプリメントは、不足気味の栄養分を補給するために使うことが多いですが、メタボリックシンドローム解消のためにサプリメントを使う人もいます。
体内に蓄積されている内臓脂肪が燃えやすい状態になるようにと、カプサイシン等の代謝アップに役立つ成分をサプリメントで補給している人もいます。

参考:ビルドマッスルHMB口コミ

基礎代謝を上げて、筋肉の増強を

基礎代謝の高い体質になるには、筋肉を増強する必要があります。
そのため、筋肉を増やすためにたんぱく質のサプリメントを飲む人もいます。

脂肪燃焼効果のあるサプリメントや、生活リズムの見直しに取りかかることで、メタボリックシンドロームを解消することが可能になります。

サプリメントと運動の組み合わせによる脂肪燃焼効果

Reading Time: 1 minute

筋肉サプリメントでダイエット効果

脂肪燃焼効果がある栄養素をサプリメントなどで取り入れることで、運動によるダイエットの効果を一層高めることが可能です。
体内に蓄積されている脂肪を燃やすには、酸素を取り入れながら行う有酸素運動がぴったりです。

カロリー制限ダイエットは危険?

摂取カロリーを少なくして体重を減らそうとする人もいますが、食べる量を少なくしていると、心身へのストレスが大きくなります。
健康や、美容に配慮したダイエットをしたいなら、食事を減らすダイエットのような、脂肪と共に筋肉も減るようなダイエットは不向きです。
体が必要としている栄養が足りなくなると健康状態が阻害されますし、元通りの食事にすると、あっという間にリバウンドしてしまいます。

ダイエットは筋トレと合わせて

ダイエットが当初の予定どおりの進まない理由は、筋肉が少なくなったことで代謝が悪くなっていることがあります。
健康にいいダイエットをするためには、ただカロリーを減らすのではなく、運動をして筋肉の多い体になることが大事です。
代謝が低いために、手足が冷え性になりやすい人や、血液の流れが悪くなり、風邪に対する耐性も低下します。

参考:バーンアウト(wikipedia)

ダイエット&筋トレの方法

ダイエット効果の高い運動をしたいという時には、運動前にαリポ酸と、カルニチンのサプリメントを摂取するといいでしょう。
ダイエットのためにサプリメントを使い、さらに運動をすると代謝が活発になり、脂肪と結びついてエネルギーになっていくサイクルが早くなります。

ダイエットと軽い運動でもOK

運動があまり好きではないという人は、誰でも気軽にできるウォーキングを実践してみるといいかもしれません。
健康や、美容にいいダイエットをしたい場合は、運動を基本としたダイエットと、サプリメントの使い方によって、脂肪を燃やしやすい体をつくります。

メタボ対策で健康とダイエットの一石二鳥を目指す方法

Reading Time: 0 minute

メタボ対策で筋トレダイエット?

見るからに太っている人のことをメタボだと思っている人がいますが、もともとのメタボとは違う定義です。

おなか周りに脂肪がたまっていることだけでなく、高血糖や高血圧なども加味して、総合的に判断されるものとなっています。

血糖値が高かったり血圧が高かったりということが実際に多いので、そういうイメージがついているのかも知れません。

メタボは生活習慣から

生活習慣病の要因として、中年太りが挙げられることから、メタボという言葉を広めて体重管理の必要性を周知させています。

同じような体重でもメタボ体型の人は、動脈硬化や心疾患、脳卒中など、命にかかわる病気につながる危険性を持っています。

メタボの原因

メタボの原因は、加齢による新陳代謝の衰えもありますが、運動不足と食生活が主な原因です。

メタボの改善方法

メタボの改善方法は、肥満対策と似たようなものです。運動量を多くして、体にいい食事をして、お酒は控えるようにします。

禁煙の対策はあてはまらない人も多いでしょうし、クスリによるメタボの対策は最終手段です。

やはり食生活の改善と適度な運動を習慣づけることがメタボの対策としては有効であり、すなわちダイエットの対策と同じなのです。

具体的な脱メタボ生活

腹筋や、ウォーキングなど、簡単に始められる運動からスタートして、お腹にある皮下脂肪を燃やしてしまいましょう。

食生活では、まず不規則な食事時間を改善して、高タンパクそして低脂質の食事内容に見直して、野菜を積極的にとることが大切です。

メタボ対策をするのであれば、運動にしろ食事にしろ、無理せず毎日続けられるようにして、習慣化させることが早道です。